カンヌ映画祭が衝撃的なアイデアを検証 日本人監督・脚本家の早川千絵による「プラン75」は、日本の高齢化社会の問題を扱った非常に現実的な問題に基づいています。

ストーリー
高齢化の進む日本では、75歳以上の高齢者が自ら死を選択し、国が支援する“プラン75”が運用されている。 夫と死別した78歳の角谷ミチは、ある日、高齢を理由に清掃の仕事を解雇される。 職も住む場所も失いそうなミチは、プラン75の申請を考え始める。

ソース:映画ナタリー
【海外「日本の高齢化問題を扱ったカンヌ出品映画が衝撃的すぎる。日本これどうするの?」】の続きを読む