4041340_s
アメリカの一部で中絶クリニックの閉鎖始まる 中絶権の合憲性覆す最高裁判断受け

米連邦最高裁が24日、アメリカで長年、女性の中絶権を合憲としてきた1973年の「ロー対ウェイド」判決を覆したことを受けて、一部の州では中絶手術を提供してきたいわゆる「中絶クリニック」の閉鎖が始まった。最高裁判決を受けて、アメリカでは女性の中絶権が合衆国憲法で保障されなくなった。

13の州ではすでに、連邦最高裁が「ロー対ウェイド」判決を覆せば自動的に中絶を禁止する、いわゆるトリガー法が成立していた。このうち、ケンタッキー、ルイジアナ、アーカンソー、サウスダコタ、ミズーリ、オクラホマ、アラバマの各州では、最高裁判決を受けて中絶禁止法が施行された。ほかの多くの州でもこうした法律が成立するとみられる。

ジョー・バイデン米大統領は判決を受けて、「最高裁にとって、そしてこの国にとって悲しい日だ」と述べ、最高裁は「多くの国民にとってあまりに基本的な憲法上の権利」を「制限するのではなく、あっさり奪い取った」と批判した。アメリカ各地で、抗議デモが起きている。

■中絶を制限したり禁止したりしている州は、社会のセーフティネットが最も手薄な州である傾向があります。胎児はこの世で最も大切なものだが、実際に生まれてくる子どもは彼らにとっては全く重要ではない。



貧しい人々に最も影響を与える。望まれない子供たちの面倒は誰が見るのでしょうか?政府はどれだけのお金を使うのでしょうか?そして、人々は税金について文句を言うようになる。



↑その赤ん坊は神からの贈り物だと言う人は、母親を売春婦と呼ぶ



■ここオランダでは、中絶の権利は長い間、法律で定められていました。しかし、中絶手術を行う前に5日間の待機期間と思考期間を義務付ける規定がありました。



共産主義との戦争、麻薬との戦争、そして今度は中絶と女性への戦争。



■中絶を禁止することはできても、銃に関しては「何かしなければならない」と言うだけで、決して実現しないわけです。国が自ら崩壊していく様を見るのは面白いね。この法律に賛成している人はクズだね、マジで。



なぜ私たちはいつも青銅器時代の神話集に従うのでしょうか?



■聖書が中絶について言及しているのは、中絶の方法について述べているときだけです。キリスト教の歴史の大部分において、中絶は、胎児の動きが感じられるまでは容認されると考えられていました。



アメリカは今、イラン、北朝鮮、ロシアに加わった。イラン、北朝鮮、ロシアが生殖に関する権利を後退させたのです。我々は今、このような素晴らしい仲間に囲まれているのです


↑イランやロシアでは、アメリカの多くの州よりも中絶がずっと利用しやすいのですが。これらの国には、現在のいくつかの州に比べて、まさに進歩的に見える中絶法があります。



■貧富の格差がかつてないほど広がっているのに、中絶を禁止する。多くのアメリカ人が家を失い、やっとの思いで生活しているのに



■共和党はクソだ



■私は48歳ですが、コートハンガーや路地裏での中絶の話ばかりしていた若い頃をフラッシュバックしています。中絶を望む人がいれば、少なくとも安全に中絶できることを国民は喜んでいました。



■禁酒法から何も学んでいない



■共和党は気にしていない。彼らはパンデミックを祝いました この残酷な野郎どもは人々が死ぬことを望んでいるのです。



■我々は知っている... アメリカ国民はこれを望んでいない。




→ソース

管理人コメント

キリスト教など宗教系の問題がありそうです。


海外の反応ランキング
↑皆様の1回のクリックでの応援が当方の日々の励みになります。