0.19.01
日本が「無限のエネルギー」を得るために巨大なタービンを海に投下する。

海の底には、他では見ることのできない電力が眠っています。日本の技術者たちは、その電力を利用するために、最強の海流に耐えうる巨大なタービンを建設し、その流れをほぼ無限の電力に変換しています。

波の下には、他では見ることのできない電力が眠っている。その電力を利用するために、日本の技術者たちは、最強の海流に耐え、その流れを無限の電力に変えることができる、まさに「リヴァイアサン」を建造した。

2月には、日本の南西部沖で3年半にわたる実地試験を成功させ、大きなマイルストーンを通過した。

もし、IHIがこれらの課題を克服できれば、日本のエネルギー需要の40〜70%を海洋発電でまかなえる可能性があり、「怪獣サイズ」の利益を手にすることができます。

材料科学の進歩や海洋環境に対する理解が進めば、海洋エネルギーを利用するためのさまざまな問題を克服することができるはずです。
■そろそろ本気で海の力を使い始めてもいいのでは?


↑海流はそれほど速くなく、風よりはるかに遅い)、長さが20メートルしかないので、羽根の先端でさえそれほど速い速度には達しません
だから、魚を切り刻むことは基本的に不可能なのです。



■寿司の国。理にかなっている


■それで...お寿司は無料?


■魚、プランクトン、海藻類...海からのタンパク質!



■インドネシアは非常に厳しい法律を持っているので、生きていれば破滅します。



■そろそろゴジラをリアルにするために海の底を犯し始めるか


↑このタービンは、ガンダムやゴジラに対抗するためのサメにつけるレーザーに使われる。


■電流があるなら、いいんじゃない?かなりクールな響きだ!



■無限のパワー!


■化石燃料エネルギーへの依存を高めた結果、福島原発が津波で流されて以来、日本の大気環境は長い間悪化してきた。その対策・修復のためのコストは高く、他のすべての原発がもたらした利益をはるかに上回っている。


↑大気の質は、他の地域と比べるとそれほど大きな問題ではありませんが、クリーンなエネルギーを生み出すために、原子力やその他の同等の選択肢を加速させる必要があるのです。



■これのメンテナンスはべらぼうに高くつきそうだ



■プロジェクト・ガンダム始動



■正直なところ、アニメの天才的なアイデアのように聞こえます


■海に囲まれたイギリスでやってみませんか


↑強い流れが必要です。英国中のほとんどの場所では、ピークを見ても、流れはほとんどありません。



■日本の技術者たちは、最強の海流に耐えることができる本物のリバイアサンを建設し、その力をほぼ無限の電力に変換して供給しているのだ。


■これは、パシフィックリムが始まったきっかけではありませんか?



■これは、日本や他の沿岸国にとって良いことのように思えます。



■クロアチアは海流が強いので、海岸から直接大量の電力を発電することができます。



■波の下には、他に類を見ない電力供給源がある。 日本の技術者たちは、最強の海流に耐え、その流れを無限の電力に変えることができる、まさにリヴァイアサンを作り上げたのだ。



■その結果、205ギガワットの発電量を実現することができ、これは現在の日本の発電量に匹敵する量だとしています。



■これはすごい、どうなるのか興味津々・ワクワク。



■この1週間、これを読み続けています。これがイノベーションというものです。



■実現したら日本は最強の国になると思う。。。



■おおいに期待したい技術




→ソース

管理人コメント

実現したらとんでもないですね。


海外の反応ランキング
↑皆様の1回のクリックでの応援が当方の日々の励みになります。