カンヌ映画祭が衝撃的なアイデアを検証 日本人監督・脚本家の早川千絵による「プラン75」は、日本の高齢化社会の問題を扱った非常に現実的な問題に基づいています。

ストーリー
高齢化の進む日本では、75歳以上の高齢者が自ら死を選択し、国が支援する“プラン75”が運用されている。 夫と死別した78歳の角谷ミチは、ある日、高齢を理由に清掃の仕事を解雇される。 職も住む場所も失いそうなミチは、プラン75の申請を考え始める。

ソース:映画ナタリー
■もちろん映画を見たわけではないので、間違っているかもしれません。しかし、日本では高齢者の割合が増えています。子供を産みたいと思う人が少なくなり、自分の人生だけを生きようとする人が少なくなっているから、その問題が存在するのです。

↑問題は、日本の若者が仕事を続けようと思ったら、欧米よりもっとひどい時間働かなければならないことだ。だから、子供を産んで老人を養うための税金を払う時間がない。




■ほぼすべての先進経済国・国家は出生率が代替水準を下回っている。それを維持しているのは移民だけだ。これは日本だけの問題ではなく世界的な問題だが、日本の問題はもっと深刻で(先行している?)、その上移民が極端に少ない。




移民率の低さは、そこにある大きな象です。単純に移民がしやすい国ではないのです。



■ドイツ、スウェーデン、イギリス、ロシアなどは大量の移民を受け入れて人口減少を食い止めている。しかし、移民を大幅に増やさない限り、それぞれの国ですぐに人口が減少し始めるだろう。




■人口の問題は、待てばいずれ解決する......ただし、幸せな形ではないがね。



↑最終的に私たちは皆、同じ場所に向かっているのです。私たちは皆、苦しみながら消えていくのです。




■日本の出生率は非常に低いのですが、実はアジアの国々の中では高い方なのです。




■出生率に目が行きがちですが、問題は日本の平均寿命が伸びていることです。日本は世界で最も平均寿命が長い国です。イタリアはそのすぐ後ろにいる。





■日本だけではありません。
団塊の世代が今年一斉に退職する予定だが、退職する人の代わりになる労働者が現在の労働力では足りないのだ(現在の航空会社の新人パイロット不足を見ればわかるだろう)。




■コロナってそのためにあるんじゃなかったっけ?




■移民を受け入れれば、その問題はすぐに解決する。日本国民がそれを容認すれば。




■移民は問題の一部でしかない。もう一つの問題は、人々が日本に移住したがらないことである。日本では、かなりの数の外国人が、住居探しから就職に至るまで、あらゆる面で差別を受けていることが頻繁に報告されている。




■世論調査によると、日本人は移民に門戸を開くことを望んでいない。文字通り、これ以上外国人を受け入れるくらいなら、国として苦しみ、萎縮するほうがましだと言っているのだ。



■確か『楢山節考』という映画で、上記のある年齢の高齢者を捨てる非常によく似たアイデアを探求したものがあった。



■日本の政府関係者のほとんどが対象です(笑)



■何度もいうがこれは日本社会が老人に優しいから起きてる問題なのだ。
Americaを見てみろ?治療なんてうけられずにすぐに亡くなるんだ。








管理人コメント

日本の映画ですが見てみたいですね。


海外の反応ランキング
↑皆様の1回のクリックでの応援が当方の日々の励みになります。