日本のイノベーションラボ「Skeletonics」の外骨格スーツのプロトタイプ
■日本人がメカに夢中なのはアニメのせいなのか、それともアニメが日本人のメカへのこだわりを表現しているだけなのか。



↑どちらも、戦後、日本は技術によって生活水準や経済が向上すると信じていたので、70年代から90年代にかけて、日本人はメカを含むSFやサイバーパンクのジャンルに熱中していました。

バブル崩壊後、SFやメカへの関心は薄れ、強いブランドだけが生き残り、自己主張の強いファンタジーが人気を博すようになりました。
しかし、メカはこの時点ですでに日本の文化に根付いていた。



↑SFは文化に影響を与え、私たちの未来を形作る方法を定義する傾向があります。ここで見たように。



■ベイマックスやパワーレンジャー、バイオニクルなど、多くの人が影響を受けています。




■第二次世界大戦後、兵器製造が禁止されたため、技術や機械に多大な投資をすることになり、以来、それが止まらないからです。



日本人のアニメ好きは、米国とその核兵器に打ちのめされた結果、始まったのです。そのため、最も有名なアニメのキャラクターは、力の頂点に達すると金髪になり、目が青くなる。


■ザイオンを救う戦いまであと一歩





■モビルガンダムスーツを初めて作るなら日本だろうけど...。



↑日本だと言う必要もない。私たちは知っていました。みんな知っていたのです



↑正直なところ、他の国が世界で初めて機能的で巨大なバトルメックスーツを作ったら、私はがっかりするでしょうね。


↑そして、場所を取らないように、子供たちに操縦させる。


↑ロボットに乗れ シンジ!




■だからこそ、ニュータイプの人間が必要なのです。





■「スペースノイドは消えろ!そしてザビ家の独裁者!」

↑いや、それはジオンだ。



■日本の好きなところは、理由を聞かないところです。


↑巨大な核トカゲ(ゴジラ)が街中で暴れまわるのは日常茶飯事なのだから、理由を聞く必要はないだろう




■Domo arigato, Mr Roboto。




■おそらく、これではあまり重いものは持てないし、ひっくり返ってしまうでしょう。


↑実際に全然パワーアップしていないのか、それともただの大きな人形なのかがわからない。


↑つまり、スーパーで一番上の棚にある特定の種類のピーナツバターが必要なときに、これを持っていけばいいということでしょう。


↑このロボットは、Amazonの箱の運搬に使われるだけでしょう。





■これって全部機械式なんですか?レバーと竹馬だけとか?



■もう一つ作って、戦う


■ガンダムはすぐに現実のものとなる









管理人コメント

日本だけ国旗の絵文字では2つありますね。


海外の反応ランキング
↑皆様の1回のクリックでの応援が当方の日々の励みになります。